ミラクールはなぜ遮熱塗料? ミラクールの販売/施工/工事 シロキ

  • 遮熱塗料「ミラクール」お見積もりの申し込み
  • 遮熱塗料「ミラクール」のお問い合せ

シロキコーポレーション株式会社

【総合受付センター】

フリーダイアル0120-461-553(全国対応)

FAX (052)744-1503

本社・管理部:

〒464-0858

愛知県名古屋市千種区千種3-26-18

第3シロキビル 3階

東北グループ:

〒984-0015

宮城県仙台市若林区卸町2-5-1

東日本事業部:

〒101-0031

東京都千代田区東神田2丁目8番15号
ケルビンビル4階

中日本事業部:

〒464-0858

愛知県名古屋市千種区千種3-26-18

第3シロキビル 3階

西日本事業部:

〒564-0052

大阪府吹田市広芝町4番1号
江坂・ミタカビル5階

中四国グループ:

〒760-0079

高松市松縄町1118-13

九州事業部:

〒812-0004

福岡市博多区榎田2丁目3番55号
クレール福岡

海外事業準備室:

〒101-0031

東京都千代田区東神田2丁目8番15号
ケルビンビル4階

営業企画部:

〒464-0858

名古屋市千種区千種3-26-18 

管理部:

〒464-0858

名古屋市千種区千種3-26-18 

 

遮熱塗料と断熱塗料の違い

TOP > ミラクールはなぜ遮熱塗料?

ミラクールは、「断熱塗料」ではなく、「遮熱塗料」と名づけています。それは...

Reflectiong

「反射」によって屋根表面に蓄えられる熱を少なくし、
室内の温度上昇を防ぐ塗料だからです。

 

遮熱塗料

ミラクールは、業界最高水準の高い日射反射率92.2%を誇っています。

日射反射率の値が高いほど、太陽エネルギーを反射しますので、屋根にミラクールを塗布すると、太陽エネルギーが熱として蓄えられにくくなる=高温になりにくくなるのです。

一般的な折板屋根の表面温度は、夏季には60~80℃程度にまで上がることがありますが、ミラクールは太陽エネルギーを反射しますので、屋根表面温度は40℃程度(白色の場合)に抑えることができます。

このように、屋根が高温にならないため、室内への熱の流入も抑えることができ、部屋の温度があがりにくくなります。

また、ミラクールは長波放射率も99.1%と高い性能を持っています。こちらも業界最高水準です。

長波放射率は、物体から熱を放射する力です。物体には大気に熱を放射する力がありますが、ミラクールの長波放射率は非常に高いので、熱をたくさん放射し、屋根材の温度が下がるため、室内への熱の流入が少なくなります。

ミラクールは「日射反射率」「長波放射率」の高さを利用した塗料なので、断熱材のない屋根、折板・鋼板・トタンなどの金属表面に塗装すると、特に温度上昇の抑制効果、省エネ・節電効果が期待できます。

なお、建築学会や工業会、公的機関等では、ミラクールのような高い日射反射率で屋根材や室内温度の上昇を防ぐ塗料を「高反射率塗料」「高日射反射率塗料」と呼んでいます。

 

「遮熱塗料」と「断熱塗料」の違い

次のコンテンツのご紹介

  • ミラクール Q&A
  • 遮熱塗料とは

お電話でのお問い合せ 052-744-1534

お問い合せフォーム